農林水産大臣賞受賞
いちご作りにおける『匠』

岡山県内におけるいちごのじつに1/3の生産を誇る西大寺地域。吉井川下流の肥沃な土地が広がる西大寺のいちご。それはただ単に量だけではなく、なによりも鮮度を優先する出荷体制をはじめとした厳重な品質管理がもたらす高度な味覚によって、県内におけるいちごの特選ブランドとしても、つとに知られています。
岡山のいちご作りにおけるもっとも旬な生産者がいます。

名匠は、県農業試験場開発の高設栽培システム「はればれプラント」をいち早く導入し、技術を研鑽することによって、平均単収において県平均の1.5倍という高い技術レベルをも達成。また、総合的病害虫管理においても積極的に普及をはかり、いちごの品質を格段に向上させることができました。

晴れの国・岡山のあふれる陽光をうけて育った西大寺のいちごは、大きくてあまくて酸味がちょっぴりおさえめなのが特徴。

品質に自信ありの晴富がセレクトしたいちご。ぜひともお召し上がりください。