あたご梨を育てて幾年月。名匠は語る。

果物の故郷・岡山で「日本一大きな梨、あたご梨」を育て上げてきた名匠。まさにあたご梨栽培の先駆者であり、多くの生産者から尊敬を集めている名匠がいます。

長年の経験によって培われてきたその技術は、決してデータで表されるものではありません。それは名人の勘であり、判断、技など言葉では伝えられないもの。

あたご梨は梨の王者と呼ばれ、赤ん坊の頭ほどもある大きさが特長。日持ちが良く、年を越してお正月にも食べられるので、人気の高い梨です。

しかし、市場に出回り始めたのは近年。名人、技術者の皆さんの努力、長年の研究の末に、この梨の王様は誕生しました。梨の栽培に最も適した場所、土壌を長い年月をかけて育て、愛情と手間ひま、汗と苦心を注いで栽培される岡山のあたご梨。

その香り、姿、味わい深さ、究極の甘味は他の追随を許さない、名匠の味と言っても過言ではありません。